【レビュー】Canon EOS 7Dのシャッター修理料金が「14,091円」は高いか?

シェアする

Canon EOS DIGITAL Info シャッター回数を調べる

こんにちは、まこです。

愛機Canon(キヤノン) EOS 7D(以下、EOS 7D)にて「Err30」というシャッター関係のエラーが頻繁に発生しました。EOS 7Dはブライダルの仕事、趣味の撮影で6年間使い込み、シャッター回数が約10万回。

これだけ使えばシャッターが壊れるのは当たり前ですね(^^;

何度か撮影しても「Err30」のシャッター関係のエラーが発生してしまうので、EOS 7Dをキヤノンの修理サービスらくらく修理便でEOS 7Dをキヤノンに修理に出し、12日間で無事修理が完了し戻ってきました。戻ってきてから1ヶ月ほど撮影していますが、問題なく動作しています。

あなたもカメラを使っていて以下のような経験ないでしょうか?

・カメラのシャッターが切れない。

・シャッターが切れたとしても真っ黒な写真が撮影されてしまった。

・カメラが何らかしらエラーを表示してしまって写真が撮影できない。

インターネットでカメラの修理料金がいくらかかるか調べた経験はないですか?

僕もインターネットで「デジカメ シャッター 修理 料金」と一生懸命、ググり調べまくりました(笑)

インターネットで調べたとしても、カメラの修理料金情報が色々あり、

「実際自分のカメラの修理に料金はいくらかかるのだろう?」

と思っているかと思います。

そこで、キヤノンのデジタルカメラの修理費、技術料や割引などの料金の設定を僕の実体験を元にカメラの修理費がいくらになるか調べてみました。

少しでも「デジタルカメラの修理料金を安くする方法」もお伝えします。

今回はキヤノンのデジタルカメラを使っているあなたに向けてお伝えします。他のカメラメーカーのみなさんスミマセン(;’∀’)

総額「14,091円」!!のCanon EOS 7Dのシャッター修理料金

Canon EOS 7Dのシャッター修理料金

「Err30」のエラーが発生していた、Canon EOS 7Dのシャッター修理料金の総額は「14,091円(税込)」でした。

EOS 7Dのシャッター修理料金の詳細は以下になります。

会員割引有り 会員割引無し 差額
技術料金 7,200円 9,720円 -2,520円
部品代(シャッターユニット) 5,848円 7,310円 -1,462円
運送諸費用 0円 0円
合計(税抜) 13,048円 17,030円
消費税 1,043円 1,362円
合計(税込) 14,091円 18,392円 -4,301円

キヤノン EOS 7Dの修理料金目安の技術料金「9,720円」となっていましたが、

キヤノンの技術料金は「7,200円」となり「2,520円」が割引られていました。

〇キヤノン EOS 7Dの修理料金目安

http://cweb.canon.jp/cgi-bin/e-support/repair/select/info.cgi?pr=EOS7D

シャッターユニットの部品代は価格「7,310円」ですが、キヤノンフォトサークル会員の場合、20%割引され「5,848円」となり「1,462円」が割引られていました。

実はシャッター修理料金が「3~4万円」くらいかかる覚悟していました(^^;

キヤノンサイトにある「修理のお問い合せ・お申し込み メニュー」で、シャッター故障の目安修理料金が「~24,516円」となったためと、シャッター故障でシャッターユニットとメイン基盤の交換したという方もいたので、「約3~4万円」かかると書かれていたからです。

〇キヤノンサイト「修理のお問い合せ・お申し込み メニュー – EOS 7D」

http://cweb.canon.jp/cgi-bin/e-support/repair/select/info.cgi?pr=EOS7D

〇価格.com「『7D修理報告』 のクチコミ掲示板」

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000055429/SortID=14128827/

それが覚悟していた3~4万円の修理料金の半額の「14,091円」でした。

またキヤノンフォトサークル会員割引があったため「4,301円」も割引され、安く、EOS 7Dのシャッター修理ができました。

修理料金については「大満足」です。

EOS 7Dの中古をもう1台、買うより断然安いです。

カメラの修理料金を安くしたい人なら絶対に入会しておくべき!「キヤノンフォトサークル」

キヤノンカメラユーザーなら絶対に入会しておいた方が良い「キヤノンフォトサークル」

なんと言っても「カメラ・レンズ修理が20%割引」になります!

もう一度EOS 7Dのシャッター修理料金の詳細を見てみます。

会員割引有り 会員割引無し 差額
技術料金 7,200円 9,720円 -2,520円
部品代(シャッターユニット) 5,848円 7,310円 -1,462円
運送諸費用 0円 0円
合計(税抜) 13,048円 17,030円
消費税 1,043円 1,362円
合計(税込) 14,091円 18,392円 -4,301円

キヤノンフォトサークルの年会費は「5,400円(税込)」ですが、今回のEOS 7Dのシャッター故障の修理料金だけでも「4,301円」の割引がありました。

この他に、

1.カメラ・レンズ修理割引(20%)になる(上記の内容)

2.フルカラーのキヤノンカメラ月刊誌「CANON PHOTO CIRCLE」が12回もらえる

3.カメラやレンズなどを無料で試せる

4.撮影イベントやフォトコンテストに参加

5.EOS学園受講料割引がある

6.キヤノンの最新カメラが発表される度、カタログが無料で送られてくる

等々

年会費5,400円でこれだけの特典があります。

少しでも「カメラの修理料金を安くしたいと思っている」キヤノンデジタルカメラユーザーなら絶対に「キヤノンフォトサークル」へ入会しておいた方が良いです。

詳細の「故障現象」と「処置内容」と「交換部品」は?

キヤノンに伝えた「故障現象」とキヤノンが修理してくれた「処置内容」および「交換部品」は以下となります。

「故障現象」と「処置内容」は?

故障現象 現象1:
シャッター関連不具合
詳細:
撮影中(シャッターを切る)にErr30のエラーが表示する。 電源のON/OFF、バッテリーの入れ直してもErr30が表示されてしまい、現象が改善されない。
処置内容 ①修理時ご指摘の現象を確認できませんでしたが、内部エラー履歴より、不具合が想定される部品(シャッターユニット)を交換いたしました。

「交換部品」は?

「シャッターユニット」1個のみでした。

EOS 7Dのシャッターユニットは定価で「7,310円」です。

そもそも「らくらく修理便」って何?

「らくらく修理便」とはキヤノン修理サービスで、ウェブまたは電話で修理を申込み、キヤノン製品を自宅に居ながら、引き取り(梱包)、修理、修理した製品を料金「1,620円」で届けてくれるサービスです。

キヤノン製品なら、カメラ、レンズ、プリンター(インクジェット、レザー)、スキャナー、コピー機などを自宅から修理に出せます。

精算は修理完了後に、宅急便業者に支払うシステムになっています。

僕は「らくらく修理便」をウェブで申し込みました。

キャンペーン中であったため、らくらく修理便料金「1,620円」は無料でした。

修理期間は12日間

キヤノンの修理サービス「らくらく修理便」を申し込んで、宅配業者がEOS 7Dを自宅に引き取りにきてくれてから、修理が完了し、自宅にEOS 7Dが帰ってくるまでの期間は、「12日間」でした。

これを早いと思うのか遅いと思うのかは、人それぞれかと思いますが、僕は「早い!」と思います。

その理由は、

1.1ヶ月くらいかかると思っていた。

2.修理先が大分県であったことで、長野から大分までなら宅配便で2~3日間ほどかかります。往復で4~6日間。

3.キヤノンでは現象が発生しなく、確認に時間がかかった模様。

「12日間」は十分早い修理期間でした。

「大満足」です。

「Err30」が発生しない?!

宅配業者に引き渡し日、EOS 7Dで「Err30」エラーが発生するかを再度確認してみました。

200回くらいシャッターを切ったのですが、全く「Err30」エラーが発生しない!のです(;’∀’)

キヤノンでも「Err30」エラーが発生しないことを想定して、「エラーが発生したときの写真を印刷して同封」しました。

やはりキヤノンでも現象が発生しなかったようです。

キヤノンで内部エラー履歴(カメラにエラーが発生した情報を記録する仕組みを「内部エラー履歴」や「ログ」といいます)で「Err30」を確認したということで、シャッターユニットを交換してもらいました。

また「エラーが発生したときの写真を同封」したのは、「現象発生なし」で返品され、また現象が発生し、再度修理に出すことで手間がかかるため、この対応をしました。

あなたが修理を出すときもできるだけ、現象が発生したときの「写真」や「状態を記録」しておいた方が良いですよ!

EOS 7Dはしっかりと直っていました!

Canon EOS 7Dのシャッター修理料金

梱包はこのようにしっかりしていました(^^)

EOS 7Dが手元に帰ってきてから、2週間色々撮影してみましたが、問題なく撮影できています。しっかりと故障が直っているようです。

修理の保証もあり、

修理の保証期間は「6カ月」です。

普段使いで同じ現象が発生した場合は、再度修理してもらえます。

これは思った通りですが、10万回近いシャッター回数は、リセットされていました(^^;

Canon EOS 7Dのシャッター修理料金

キヤノンの修理サービスどうよ?

キヤノンの修理サービスは、修理も的確で、修理期間も早く、とても丁寧でした。

しかも!ファームウェアのバージョンを「Ver2.0.3→2.0.6」にサービス対応して頂きました。気が利きますね!キヤノンさん。

キヤノンにカメラを修理を出すかを迷っているあなた、料金、期間はそれなりにかかりますが、新しいカメラや同じ機種の中古カメラを買うよりは断然安いです。

新しいカメラも良いですが、大切にしているカメラは修理して、長く使いましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

フォローする