【カメラ・写真用語】 ら行

シェアする

ライティング(らいてぃんぐ)

ライティングとは、被写体に光を当てたり、綺麗に撮影できるように光を作る作業になります。

料理写真の場合、自然光で撮影できない時間や場所の場合、ストロボや照明器具を使い、被写体(料理)に光を当てます。

ライティングをすることで、被写体がより一層綺麗に写せるようになります。

ライティングというと、プロカメラマンの話で難しそうだと思いますが、初心者でもストロボや簡単な照明器具やレフ版を使ったりして、ライティングをすることもあります。

レフ版(れふばん)

レンズ(れんず)

レンズ沼にハマる(れんずぬまにはまる)

露出(ろしゅつ)

露出補正(ろしゅつほせい)

露出補正とは、撮影する写真の明るさをコントロールする方法をいいます。

明るく写真を撮影したい場合は「+(プラス)」方向に

暗く写真を撮影したい場合は「―(マイナス)」方向に

とカメラの露出補正機能を操作することで、写真の明るさが変わります。

シェアする

フォローする